ジャンルを問わずに何らかの式典や受賞するイベントにおいては、優秀な成績を残した方に対して記念品を贈ることは古くから行われています。品評会など自主製作をした展示会の他、芸術や音楽の分野など、広範囲で表彰を行うような場面では、副賞として名入れ時計を授与すると非常に喜ばれる記念品として受け取ってもらえます、名入れ時計は多くの方が効き慣れない言葉になりますが、購入をする方はノベルティグッズの専門店をネットから探して、時計の一覧を絞り込んで表示させると、置き時計の数々を見つけることができます。単価を確認すると500円台から3、000円程度など価格帯は幅広くありますが、表彰用として用いる場合は低単価の時計は避けた方が賢明です。名入れ時計は予め名入れする部分を限定していることが多いので、範囲は限られますが各イベントで優秀な方に贈るものなのでイベントの名称と年月日を名入れする方法で済ませられます。

予算の都合というものはありますが、ノベルティグッズの専門店で採用している時計はプラスチック製が圧倒的に多いので、木材やステンレスなど高品位な素材で作られた時計は選ぶ価値は十分にあります。低単価でも電波時計を販売するノベルティグッズの専門店もあり、チープさを感じない素材とデザイン、機能性を全て鑑みて購入アイテムを選ぶことは重要です。発注の際には最低ロット数を確認する必要性がありますが、受賞の記念品としての利用においては、1個単位でも名入れを可能にする専門店を探すことも欠かせません。